眉アートメイクのすべて~メリット・デメリット・費用・病院選びのコツ~

11-1
理想の眉毛デザインを、最長2~3年キープできるという眉のアートメイク。自分の眉毛の薄さや生えかた、形などにコンプレックスのある女性は多く、普段のメイクに限界を感じ、時間短縮を求めてアートメイクを検討する方も多いようです。

「体験した人の評判も良いし、刺青よりも気軽に出来そう」と施術を決心する方もいますが、実はアートメイクは医療行為。安易な決断で「大失敗・後悔」する方も。今回は、眉のアートメイクの施術を考えている方必見の、知っておきたいアートメイクに関する情報の総まとめをお届けします。

アートメイクとは?刺青とは違うの?

アートメイクと刺青は、肌に色素を入れていく医療行為であるという点では同じです。
しかし決定的な違いがあります。それは、色素を入れる深さと、色が残る期間の違いです。
アートメイクの場合、皮ふの表皮から0.02~0.03ミリの部分に色素を入れていきます。
この浅い部分はお肌の生まれ変わり=ターンオーバーが活発なので、数年たてば自然と色素が抜け落ちていきます。個人差はありますが、早くて1年半~3年のうちに色素がなくなると言われています。
それに対して刺青では、真皮という、ターンオーバーの影響を受けない、お肌の奥まで色素を入れるため、永久に残り続けるという訳なんですね。

眉アートメイクのメリット・デメリットを見てみよう!

11-2

眉毛のアートメイクにおける、メリットデメリットを一覧にしてみましょう。

メリット

  • 24時間、理想の眉毛デザインをキープできる
  • 2~3年、眉毛メイクの必要がなくなる
  • 眉毛が薄い・部分的に眉毛がないなどのコンプレックスを解消できる
  • 朝の準備にかかる時間が大幅に短縮される

デメリット

  • 一度施術すると、色素が落ちるまで眉毛のデザイン・カラーが変えられない
  • 刺青と違い色が徐々に抜けていくので、数年ごとのメンテナンスが必要
  • 眉が左右非対称・デザインが自分にあっていないなど、失敗する可能性がある
  • 施術後のアイメイクは1週間お休みしなければいけない
  • お店の衛生管理が悪いと、感染症(B型肝炎、C型肝炎、エイズ(HIV)ウィルス)に罹る可能性もある
  • 鉄を含む色素を使用しているケースでは、MRIが受けらない可能性がある
  • 加齢によって筋肉のバランスが崩れ、デザインが左右非対称になることもある

眉毛の形で顔の印象は大きく左右されるといわれています。だからこそ、眉メイクに女性は力を入れますが、問題は「最もメイクが難しいパーツ」だということ。
細心の注意を払ってメイクしたのに、左右非対称になる、濃さの加減が上手くいかない、気がつけばメイクが落ちている……このような経験は女性なら1度はあることでしょう。
眉のアートメイクを施せば、こうした煩わしさは解消されます。
そんな飛びつきたくなるようなメリットがある一方で、上記に挙げたようなデメリットも沢山あるんですね。「こんなハズじゃなかった」なんてことにならないよう、メリット・デメリットをしっかり抑えて、検討していきましょう。

知っておきたい!眉アートメイクの施術の流れ

眉のアートメイクにかかる時間は、カウンセリングを入れて1時間30分~2時間が目安です。まつ毛エクステと同じ位の時間で出来てしまうんですね。
実際にどんな工程を経て眉毛のアートメイクが完成するのか、見ていきましょう。

問診票に記入

11-3
心臓病、糖尿病、妊娠中の方、アトピー性皮膚炎の方など、アートメイクが難しいとされる方もいます。アートメイクに耐えられる体質なのかどうか、チェックを行います。

医師による診察

アートメイクは医療行為なので、診察が必須です。医師免許をもつ医師により、問診票を元に健康状態や肌質をチェックされ、施術の内容・注意事項などの説明を受けます。色素の内容(鉄が入っていないか)、万が一の事態が生じた際の対応などの質問をし、不安を1つ残らず解消しましょう。

カウンセリングによるデザイン・カラーの決定

11-4
眉毛の形やカラーを決める工程です。ここで、この先数年間の眉毛のデザインが決定されるので、慎重に、少しでも不満があれば必ず伝えるようにしましょう。
特に髪の毛をカラーリングしている方は、眉毛もその色に合わせる場合がほとんどです。数年を見越してカラーの相談をしっかりしたいところです。
ここで「なんだか違うな」と感じたら、一度お断りしましょう!遠慮する必要はありません。

麻酔クリームの塗布

色素を入れていく際には、多少の痛みが生じます。個人差もありますが、「眉毛の毛抜きをしているような痛み」と表現されることが多いです。
痛みを最小限に抑えるための下準備として皮膚に麻酔クリームが塗布されますが、クリニックによってクリームを塗る回数や、麻酔の使用の有無がことなるため、カウンセリング時に確認しましょう。

医師による施術

決定したデザイン、カラーに沿って色素を皮膚に入れていきます。

料金と仕上がりに差がでる!手彫りとマシン彫りの違い

11-5
眉のアートメイクの施術方法には、大きくわけて2通りあります。

手彫り

手で皮膚に色素を入れていくので、濃度の調整が自在です。眉毛1本1本が書き足されたような、自然な仕上がりを目指せるのが最大のメリットです。時間もかかり、繊細な技術が必要とされるので、お値段はマシン彫りよりも割高傾向にあります。

マシン彫り

マシン彫りによるアートメイクは、手彫りに比べるとリーズナブルで時間も短いです。サロンの技量や、採用しているマシンの性能によっても異なりますが、一定の間隔で色素を入れていくので、塗り絵の様なベトリとした仕上がりになってしまうことも。

お店によっては、マシン彫りと手彫りを組み合わせ、両方のメリットを組み合わせたアートメイクを行うこともあります。
どのような方法を取るかによって仕上がりがまったく異なるので、サロンで実例写真などを見せてもらい、慎重に検討しましょう。

眉のアートメイクの費用相場はどの位?

11-6
眉のアートメイクにかかる費用はクリニックによってかなり違います。
相場としては1回5万円くらいです。より自然な仕上がりを目指す「3Dアートメイク」であれば10万円前後するところも。
ただし、これは施術1回分の料金。「薄くてよい」という方であれば1度で十分なケースもありますが、主流は2回にわけて完成させる方法です。
眉毛のアートメイクは2回法を推奨するクリニックが圧倒的に多く、通常2回目以降は安く設定される傾向にあります。セット価格を提案するクリニックもあるので、料金体系を丁寧にチェックしてみてください。
何故2回法なのかというと、失敗を避けるためでもあります。洋服もそうですが、1度着てみると何だか違うということもありますよね。1度、薄めに施術してもらい様子をみると、「もっとこうしたい」といった修正箇所が出てくるはずです。そうした修正点を2度目のアートメイクで再調整していき、さらに色の定着を図ります。

アートメイクに失敗してしまう主な原因……失敗するとどうなるの?!

11-7
失敗してしまう理由として、①値段だけで決めてしまう、②カウンセリングで妥協してしまった――などが挙げられます。

①値段が安価という理由だけでお店を選んでしまう

安すぎる値段でアートメイクを提供するお店には注意しましょう。アートメイクは医療機関で行うことが鉄則です。なぜなら、色素を皮膚に入れる行為は医療行為にあたるからです。
有資格者による施術&医師の監督が必要と定められていて、違反すれば違法行為となります。
衛生管理を徹底するためには、それなりのコストが生じるはずです。そう考えてみると、安すぎるアートメイクは危険と言わざるを得ないのです。必ず、衛生管理がしっかりしていて、技術、知識のある皮膚科や美容外科などの医療機関でアートメイクを施術してもらいましょう。

値段だけでお店を選んで失敗してしまうと……

仮にお店の衛生管理が徹底してない場合、感染症にかかる可能性が高くなります。感染症にかかれば目元のオシャレどころではありませんよね。一生を左右する出来事になることもあり得るのだと心得ましょう。

②デザインを決めるカウンセリングで妥協してしまう

医師とのカウンセリング時には、使用する色素、技法、その病院の提供するアートメイクの特徴やコンセプトなどをしっかり確認します。
特にデメリットや注意事項を確認してみてください。ここで丁寧に包み隠さず話してくれる病院であれば、今後も安心して任せられますよね。
デザインやカラーに関するカウンセリングでは、しっかりと自分の理想とする眉毛を追求してください。「評判の良いクリニックだからデザインはおまかせでも大丈夫かな」なんて考えは禁物です。
必要であれば、自分で描いた眉を見せて、それを元により良い形に近づけてもらう方法もあります。施術前に必ず仕上がりの形を確認しましょう。
カウンセリングをする中で、「担当者と趣向が違うみたい……話をわかってくれないみたい……」と思うことがあれば、辞退するのが正解です。

カウンセリングで妥協して失敗してしまうと……

アートメイクのデザインや色は2~3年残り続けます。刺青のように恒久的でないとはいえ、思い描いていたものではないデザインが2~3年間顔に貼りついているなんて、受け入れがたいことでしょう。
万が一、仕上がりが思い描いていたデザインと異なり、それを隠したい場合、メイクで隠すかレーザーで色素を除去する方法が考えられます。メイクで完全に隠すのは少し難しいかもしれませんし、メイクの時間短縮を目指していたのに元も子もありませんよね。となるとレーザー除去ですが、以下でご紹介するように何十万円もの費用がかかってしまいます。

アートメイク除去の方法

11-8

失敗したアートメイクをどうしても除去したい場合は、皮膚や体への負担が最も少ない、レーザーによる除去がメジャーな対処方法です。
1回できれいに除去することは不可能であり、完全に色素が抜けるまでに3~10回のレーザー照射が必要となります。1度のレーザーで3~5万円が目安なので、10万円以上は必須と考えましょう。傷が残るリスクは低いですが、レーザー照射で細胞を傷つけてしまうため、一時的に眉毛が抜けてしまう可能性が高くなります。
このようにアートメイクで失敗すれば、身体的・精神的・金銭的にも大きな負担となることを心得ておきましょう。

失敗しないための対策&クリニック選びのコツ

失敗するととんでもない事態になるアートメイク。だからこそ、失敗しないよう対策を立てて慎重にクリニックを選び抜く必要があります。評判を鵜呑みにして即決せず、クリニックを選ぶ際には、以下のポイントを必ずチェックしてください。

施術者が資格保有者であるかチェックする

看護士ガール
厚生労働省による回答では「医療機関内(クリニック)で、医師、看護師などの有資格者が美容医療行為として、アートメイクを行う事は問題ない」とされています。(日本メディカルアート協会より)
アートメイクによる失敗の95%はサロンなど医師免許を持たない人の違法な施術によって発生しているとのことです。必ず、施術者を確認しましょう。個人のサロンは避け、医療機関を利用することを強くお勧めします。

口コミを徹底的に調べ上げる

11-10
クリニックの口コミや評判を検索し、仕上がりの実例や、持ちが極端に悪くないか、施術後に異常などが出ていないかに注意して、さまざまなクリニックのことを調べましょう。

専属の「アートメイクアーティスト」がいるかチェックする

骨格や筋肉の付き方は、個々人によって異なります。年齢とともに筋肉バランスが崩れ、眉毛が左右不対象になることもあるので、そうしたバランスを見つつ適切なアドバイスをくれるアートメイクアーティストが駐在していればより安心でしょう。
必ずしもアーティストである必要はありませんが、こうした個々人の特徴を抑え、適切なアドバイスをカウンセリング時に提供してくれるかどうかを確認してみてください。

納得できるまでカウンセリングを行ってくれるか

11-11
自分の理想とする眉毛のデザインを、カウンセリングの際に伝えきれるかどうかがアートメイクの失敗・成功を左右すると言っても過言ではありません。必ず納得いくまで相談しましょう。
今後2~3年のメイク時間短縮のためには、この手間を惜しんではいけません。
カウンセリングの際に少しでも不安が残るときや、クリニックに対してしっくりこない感じがするときは、一旦お断りすることを強くお勧めします。

アフターフォローが万全かどうかチェックする

体質によっては、色素が1年以内に落ちてしまう方もいます。そうした場合に「1年以内であれば修正無料」といったアフターフォローのある病院であれば安心です。
さらに、「術後に腫れが引かなかったらどうしよう」など、経過が不安なこともありますよね。経過観察のための診察が必須となる医療機関なら、症状について医師から直接説明をしてもらえますし、万が一のときには治療が受けられます。
アフターフォローの面から見ても、医療機関で施術を受けるのが最善と言えるでしょう。

まとめ

今回は、眉のアートメイクに関するさまざまな情報をお届けしました。
メイクにかかる時間を大幅に短縮し、理想の眉毛を24時間キープできるという、魅力的なメリットがある眉のアートメイク。刺青と比べると手軽に受けられる印象がありますが、安易な決断は禁物です。アートメイクの施術を決心したならば、起こりうるデメリットについても把握し、その可能性を少しでも下げる努力をするべきです。
自分の身を守れるのは、自分だけです。アートメイクは必ず医療機関(クリニック)で検討し、本記事でご紹介したポイントを満たしているかどうか、チェックしてみましょう。


関連記事


アートメイク 口コミランキング

  1. No.1高輪皮膚科・形成外科

    高輪皮膚科・形成外科の詳細情報

  2. No.2シロノクリニック

    シロノクリニック詳細情報

  3. No.3聖心美容クリニック

    聖心美容クリニック詳細情報


おすすめ記事